まだまだ肌寒い日が続いていますが、春はもうそこまで来ている(と思いたい)!ドイツです。
この時期のドイツ、毎年のことではありますが。。。気温差が激しいのはもちろん、太陽が顔を出したと思えば、急に雨が降ったり、霙(みぞれ)や雹(ひょう)も降る。。。滅茶苦茶なお天気の日がよくあります。
ドイツ語で”4月のお天気”(アプリルヴェターAprilwetter)は、気まぐれで変化が大きく 先が読めないなど、人や状況などが予測不可能な時によく使います。どうしようもないね。。。という皮肉を込めて。

私は、ドイツの”冬”は頑固で強力で、なかなか”春”に座を渡したくないのだ~といつも思います。
でも、いつもきっと春が訪れ、爽やかな季節が始まります。

春と言えば、自然界ではいろいろ大忙しのシーズン。
子宝を待ち望む動物たちは、”巣作り”を始めます。
ドイツでは木々に鳥の巣箱を置く人が多く、今年はどんな鳥が巣箱に入居してくるのか楽しみにしています。
IMG_4443 (2)
そう、忘れちゃいけないのは、巣箱のお掃除。
鳥一家が巣立った後、空になった巣箱をお掃除しないと。。。満杯になっちゃうのです。
また新しい鳥一家が暮らしやすいよう(新居を作りやすいよう)古い巣の除去をするのです。

ウチはしばらく忘れちゃってて。。。
今年は絶対掃除しなきゃ!と思って開けると!!!
んんん?!満杯だけど、何だかいつもと様子が違う気が。。。???


続きはまた。。。の お楽しみ!





にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

家族日記ランキング