森の多いドイツ。
グリム童話などでも森のお話はたくさんあるように、ずーっと昔からドイツ人にとって森は身近な存在のようです。
森と聞いてイメージする動物は?
🐻熊という人も多いのでは?
私たちの住む地方には熊はいませんが、チェコやオーストリア国境近くにはいるようです。

ドイツ x クマ = シュタイフのテディベア を連想する人も多いでしょう。
シュタイフに関わらず、テディベアは昔も今も人気です。
(PAPIE(ドイツ人夫)も幼少期に大事にしていたテディベア 今も持ってます)


ハチミツ x クマ = リキュール と連想するドイツ人、多いと思います。
甘くて美味しい 熊にも危険な?!ドイツで人気の高アルコールの蜂蜜のお酒です。
名前もそのまま、ドイツ語でBärenfang(ベーレンファング)です。
意味は”クマの罠”、熊狩りのための罠です。
ハチミツたっぷりのアルコール度のかなり高いお酒で、熊を酔っぱらわせて狩る!のです。
え?ホントにそんな狩りあるの?と思いますが、東ヨーロッパでは実際に狩り目的で使われていたそうです。
このお酒 Bärenfang には、他にもいろいろな話があります。
昔々は蜂蜜の収穫は巣箱からではなく、森でミツバチの巣を見つけて採取する方法がメインでした。もちろん熊たちもミツバチの蜂蜜を狙っています。なので、蜂蜜を取りに行くときは” Bärenfang ”のお酒を用意して、熊と出くわした時や、熊が見つけて食べている蜂蜜を横取りしたい時に”おとり”として使ったりしていたそうです。

私たちは熊を狩る予定はありませんが。。。
ハチミツリキュールBärenfangを今年初めて仕込みました。
IMG_5161 (2)
材料はシンプル。
ハチミツ(収穫時にとった蜜フタ込み)、レモン、オレンジ、シナモン、そして、ウォッカなど度の高いアルコール、ミネラルウォーターを瓶に入れ、約3カ月寝かします。
今回は思いのほか大量5Lビンで作ったので、家にあったアルコール38%、40%、69,9%を適当にミックスしました。
いろいろな製法があって、蜜フタ無しだったり、スパイスを入れたり、煮込んでから寝かしたり、地方によって様々ですが、私たちは一番簡単な材料を漬け込んで放置(熟成)の方法を試すことにしました。
今からできあがるのが楽しみです!

日本でも販売されているんですね!



   





にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

家族日記ランキング